沿革

 ・昭和35年 白山町立白山中学校創立(布引中学校・家城中学校・双川中学校が統合)
 ・昭和37年 新校舎落成
 ・昭和39年 体育館完成
 ・昭和41年 学校給食完全実施
 ・昭和58年 武道場完成
 ・平成4年 コンピュータ教室完成
 ・平成7〜8年 校舎大規模改修
 ・平成15年 耐震補強工事、職員室拡張、校舎壁面全面塗装
 ・平成16年 第2グラウンド新設
 ・平成18年 市町村合併により津市立白山中学校となる
 ・平成22年 体育館耐震工事完了
 ・平成24年 浄化槽改修完了

教育方針
 本校は、人と人との心のふれあいを大切にし、一人一人が生き生きと生活できる学校教育
を推進しています。
 生徒数は、1年生が82名、2年生が83名、3年生が74名、合計239名で、誰にでも元気
よく大きな声で挨拶できることが自慢です。
 また、総合的な学習の時間を中心として人権学習に取り組んでおり、3年間を通しての「生
き方学習」を行っていることが大きな特色です。
 学習面だけでなく部活動も盛んで、毎年いくつかの部が県大会や東海大会に出場して活躍
しています。